クレジット契約とは

ローン審査NAVI

クレジット契約

クレジット契約とは

クレジットの契約とは、分割での支払いを意味しています。お店で大型冷蔵庫を買ったとします。冷蔵庫を買った消費者は現金がないので、販売店でクレジット契約をすることに決めました。その販売店が提携をしている信販会社が、クレジット契約を結びます。クレジットの手続きを行うと信用審査を行った上で、返済可能な顧客だと判断されれば支払いをしてもらえます。消費者は契約した時点で、支払先が冷蔵庫の販売店ではなく、クレジット契約をした信販会社になったことになります。

クレジット契約には翌月一括払い、分割払い、リボ払いなどがあるので、消費者の希望によって支払い方法を選ぶことができます。クレジット契約は大別して2つあります。クレジットカードを先に発行しておいて、利用限度額の範囲内で商品を購入する事ができる包括クレジットです。一方、商品を購入する度に信販会社から審査をしてもらい、支払いをしてもらうものを個別クレジットといいます。

まとまった現金がなくて支払いができないけれど必要としているものがある場合などは、クレジット契約を活用することで、必要なものを購入することが可能です。利率が高かったり、最終的な支払い金額がわかりづらいなどと言った問題もあります。クレジット契約をする際は、事前に確認するようにしましょう。

ローンの審査について

基準
借り入れ
職業
年齢
ローンの借り換え

人気のカードローン

アイフル
アコム
プロミス
モビット
レイク
Copyright (C) ローン審査NAVI All Rights Reserved サイトマップ