職業

ローン審査NAVI

ローンの審査について

職業

ローンの審査で重要視される項目のひとつに、職業に関連する項目があります。以前は、住宅ローンなどの場合は、いわゆる一流企業の社員でないとローンが組めないという噂がありましたが、一流企業かどうかは問題ではありません。重要な事はきちんと仕事をしていて、安定した収入があることです。

まず勤続年数がポイントになります。どんなに一流企業に勤めていても、勤続年数が1年未満であったりすると、ローンは通りにくいとされています。特に、住宅ローンなどの高額な借りいれの場合、勤続年数は最低出3年と言われています。クレジットカードや多目的なローンの場合は、最低でも1年の勤続年数が必要と言われています。

勤続年数が少ない人は、今後もその会社で継続して仕事を続けて行く事が出来るのか、きちんと仕事が続けられる人であるかがわからない為、ローン審査に通り難いのです。以前は転職回数が多い人も、ローン審査に通り難いとされていましたが、最近は数年で転職をする人も多く、転職の有無はあまり厳しくは問われないようです。

ただし、正社員であるかどうかはある程度重要視されます。クレジットカードや多目的ローンの場合は、アルバイトでもきちんとした勤続年数があれば審査に通るとされていますが、住宅ローンなどではアルバイトだけでなく、自営業の場合もローン審査に通り難いとされています。

そして、年収が問われる事になりますが、キャッシングでは年収の1/3以上の金額は貸し付けてはいけない事になっています。年収が低ければ借り入れが可能な金額も低く設定されるので、自分の年収と良く照らし合わせて申しこみましょう。

ローンの審査について

基準
借り入れ
職業
年齢
ローンの借り換え

人気のカードローン

アイフル
アコム
プロミス
モビット
レイク
Copyright (C) ローン審査NAVI All Rights Reserved